作業の流れ
- Workflow -

解体工事の流れ

~壊す力で未来をつくる~

橋本解体工業は創業49年の長い歴史があります。
そこで培った解体技術とノウハウを活かし、どんな建物でもベスト提案致します。

以下は解体工事の大まかな作業の流れとなります。

Step1

現場調査

お電話・ホームページからのお問い合わせでもおおよそのお見積りを出しますが、実際に現地を見て、より正確なお見積りをお出しします。
また、可能な限り立会いして頂き、内部(処分品など)も見させて頂きます。

Step2

見積書ご提出

現地調査に基づき、見積書を提出し、ご確認・納得して頂いた後、契約となります。

Step3

近隣挨拶

実際に木造住宅解体が始まると、近隣の皆様には少なからずご迷惑をお掛けする事になるため、工事の了承を踏まえたご挨拶にお伺いします。

Step4

引込配管・配線の手配

Step5

足場養生の組立

解体工事は高所での作業が伴うため、まず足場養生の組立を行います。
その際、シートや防音シートを張り、騒音やホコリを防ぎ、近隣の方のご迷惑を最小限にします。

Step6

内装材・屋根材等の撤去

建物から手作業で撤去できるものを撤去します。
(サッシ・断熱材・建具・ボード・ゴミ・瓦など)

Step7

建物本体の解体工事

重機(ショベルカー)を使って上屋の解体をします。 散水しながらホコリと騒音に配慮し、丁寧に進めます。

Step8

廃材の分別・搬出

木材・鉄・プラスチック・コンクリートなどを分別します。細かいものは手作業で分別しながらの作業となります。

Step9

基礎解体・地中確認

建物を支えていた基礎・土間の撤去を行います。少し深めに掘って地中に埋設物が残っていないかの確認も行います。

Step10

整地

地面を平らにして踏み固めれば、工事完了です。可能であれば、立会いのもと何も問題は無いか、ご確認をお願い致しております。

不用品処分や手続き等もお任せください。

産業廃棄物の処分

解体工事と共に発生する不必要な家電などの産業廃棄物の処分もお任せください。責任を持って適切な施設へ運搬し、処分させていただきます。

手続き代行

工事を行なう前に電気・ガス・水道・インターネット・ケーブルテレビといったライフラインの停止を行なわなければなりません。そのような諸手続きを代行いたします。

届出代行

解体工事を行なうためには地方自治体などにさまざまな書類を提出しなければなりません。そのような面倒な書類をすべて代行し、責任を持って作成・提出を行なうサービスを提供しています。

PAGE TOP